お知らせ 詳細

「令和元年度トップアスリート・スポーツ教室」開催事業 (大山加奈バレーボール教室in鬼北町)(報告)

2019年11月08日(金)

令和元年11月4日(月・振休)、鬼北総合公園体育館において、鬼北町、鬼北町教育委員会と共同で「令和元年度トップアスリート・スポーツ教室」を、日本バレーボール代表としてオリンピック大会(アテネ)や世界選手権、ワールドカップで活躍された大山加奈さんを講師にお迎えし開催しました。

今回、元Vリーガー、元ビーチバレーボール選手として活躍された妹の大山未希さんがアシスタント講師として来られ、御姉妹でご指導いただきました。

 

Cimg5567           

                   <指導者懇談会> 

Cimg5570

     <質問に答える講師陣>

子どもたちへのバレーボール教室の前には、指導者懇談会が開催され、日頃の練習で抱えている問題点を、指導者が講師陣に質問し、お二人にわかりやすく説明していただきました。技術面以外でのご本人自身の体験談も踏まえ、「将来のある子どもたちに無理をさせず、いつまでもバレーボールを好きであり続けさせて欲しい。嫌いにならないようにさせて欲しい。」と、指導者の方にお願いする姿には胸を打たれました。中には、真剣にメモをとる指導者がたくさんいたことも印象的でした。

 

Cimg5581

                   <開会式の様子①>         

Cimg5577

                  <開会式の様子②>

開会式の後、小・中学生対象のバレーボール教室が行われました。

ボールを使う前に、バレーボールの動きにつながる様々なコーディネーショントレーニングを行いました。

Cimg5593

                   <小・中学生の部①>  

Cimg5602      

             <小・中学生の部②>

楽しくバレーボールに打ち込むことが、上達していく秘訣であることを指導者懇談会でもお話をされており、それが実践されていました。ひとつひとつのトレーニングが、次のトレーニングにつながっており子どもたちの動きが良くなるのを肌で感じることができました。子どもたちは真剣な眼差しで楽しくトレーニングに励んでいました。

 

Cimg5638                       

                 <高校生の部①>

Cimg5649          

                 <高校生の部②>

 後半の高校生を対象にした教室では、小・中学生の部で行ったコーディネーショントレーニングがよりレベルアップされ、脳トレの要素もたくさん含まれたトレーニングが展開されました。それは、より試合で活かすことのできる動きづくりや、試合に集中する意識づくりを盛り込んだ内容でした。ひとつひとつの行動に対し受講生に質問し、自ら考え動くためにはどうしたらいいのか意識させることによって、みんなが集中して練習に励んでいました。

Cimg5633

                       <サイン会①>   

Cimg5657              

                     <サイン会②>

両教室の最後には、サイン会と記念写真が行われ、子どもたちと触れ合う姿も印象的でした。 

 

Cimg5631               

               <小・中学生集合写真>  

Cimg5651

             <高校生集合写真>

 鬼北町及び近隣の小中学生を対象としたバレーボール教室でしたが、今後、この教室をきっかけにバレーボール及びスポーツに興味を深め、スポーツを通じた地域間の交流も期待しています。

Get ADOBE READER

※PDFファイルを表示、印刷するためのソフトウェア(Adobe Reader)をお持ちでない方は、こちらからダウンロード(無償)できます。

お知らせ 一覧

  • 愛媛県武道館
  • 愛媛県総合運動公園
  • えひめ広域スポーツセンター